明るいお弁当入れ物

過日店舗の個々が持ってきたお弁当箱が甚だしくカワイイでした。それは誠に、まげわっぱ。まげわっぱって若い人にはわからないかもしれませんね。スギやヒノキなどの木をぐぐーっと曲げて必ずるい箱に仕上げたもののことです。駅弁に使われているのを時として見ますね。あのまげわっぱで食べていると、素朴な惣菜がなんにも駅弁というカワイイ惣菜に思えちゃうんですよ。わたしはいつもコンビニエンスストアめしで済ませて仕舞うたちでミールも卵焼きというほうれん草とかのお浸しくらいしか出来ないんですが、まげわっぱを買って簡単なお弁当を作ってみようかなと言う気になりました。
丸ごと春が来たような暖かさだ。ストリートわきのスノーが同時に融けだしましたが、日陰にはちょっと残っています。ここは在宅菜園をしているフィールドで、除雪したスノーを運んで積み上げました。傍らのわが家のカタチになっているのでスノー割りをしないと何時までも残ります。完全温度の見込が10℃を超えるらしいのでスノー割りをする局面だ。日向は黒土が顔を出していますが、日陰になっている所はまだ50センチ上記もあり氷状になっています。
結構硬く重たいので一度に課題をするのは無理なので何日かに分けてする事にしました。例年ですと豆菜園の課題を始めるのはゴールデンウイーク位なので焦る事もありません。それにしても暖かな太陽光だ、薄っすところって清々しい汗を流しました。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り